コストダウン・業務改善における語録サイト | シンプルアシスト株式会社

「“いいとこ取り”は、百害あって一利なし」

「“いいとこ取り”は、百害あって一利なし」

ヒトも企業も得意な部分と得意でない部分を持ち合わせています。
勿論、得意でない部分を強くし、得意な部分は更に成長させる為に
切磋琢磨の毎日ですが、簡単なコトではありません。

特にコスト面においては、頭を悩ますコトは良くあります。
全体を各社ごとに見積提出をお願いし、
最終的に一番安い部分を“いいとこ取り”して発注する。
また、分割発注や一番見積価格の低い企業に合わせての交渉する。
発注側の心理としては良く判りますが
これは“百害あって一利なし”と考えるコトが懸命です。

何故なら請負側も重々研究をしての見積をしています。
夫々の企業の得意分野を活かした統合での発注と
単に価格だけの分割発注とではヒトもモノも心がないモノに
なりかねないコトを忘れない方がよいでしょう。

コメント


認証コード1346

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional